« 西国分寺 東山道武蔵路 | トップページ | 野川に沿って深大寺まで »

2022年8月14日 (日)

お鷹の道・真姿の池湧水群

(全体の目次はこちら


お鷹の道・真姿の池湧水群

- ようやく野川に合流 -

 

前回まで、
1200年前の道、
東山道武蔵路に寄り道してきたが、
野川を目指しての
西国分寺駅からのぶらぶら歩きに戻りたい。

東山道武蔵路跡のすぐそばに、
旧国鉄の「中央鉄道学園」、
郵政省の戸建て宿舎などの
跡地を整備して作られた
武蔵国分寺公園がある。

P6112002s

ここから、
国分寺薬師堂は歩いてすぐだ。

P6112010s

国分寺薬師堂は、
建武2年(1335)に新田義貞の
寄進により建立されたと伝えられるもので、
宝暦年間(1751-1763)に現在地に再建。

P6112007s

緑が深くて美しい。

P6112003s


天平13年(741)の聖武天皇の命により、
鎮護国家を祈願して創建された
武蔵国分寺

P6112016s

諸国国分寺中有数の規模だった寺地・寺域は
数回の変遷があったようだが、
僧寺の金堂、講堂、七重塔、鐘楼、
   東僧坊、中門、塀、北方建物、
尼寺の金堂、尼坊、などが調査されている。

国分寺楼門

P6112019s

この門は、米津寺(東久留米市)の楼門を
明治28年に移築したもの。
板金葺で江戸時代の建築様式を
よくとどめているものらしい。

武蔵国の文化興隆の中心施設であった
国分寺の終末は不明だが、
元弘3年(1333)の分倍河原の合戦で
焼失したと伝えられている。

国分寺すぐ横から、
「お鷹の道・真姿の池湧水群」の
水路脇を歩けるようになっている。

P6112021s

江戸時代に尾張徳川家の
御鷹場だったことに由来して、
お鷹の道」と名付けられた散策路。

P6112032s


真姿の池

P6112027s

「嘉祥元年(848)
 不治の病に苦しんだ玉造小町が、
 病気平癒祈願のため
 国分寺を訪れて21日間参詣すると、
 ひとりの童子が現れ、
 小町をこの池に案内。

 この池の水で身を清めたところ、
 たちどころに病は癒え、
 元の美しい姿に戻った」
との言い伝えのある
真姿の池」には
小さな祠と鳥居がある。

 

国分寺崖線

P6112028s

国分寺から
小金井・三鷹・調布・狛江を経て
世田谷の等々力渓谷に至る
標高差約15mほどの崖線で
ハケ」と呼ばれている。

この崖線が
「日本名水百選」にも選ばれている
ここの湧水群を生み出している。

東京地区の崖線の2大スター(?)と言えば
この国分寺崖線と
上野から赤羽までの日暮里崖線
ということになるだろうか。

ただ、国分寺崖線は、
多摩川がつくった河岸段丘だが、
日暮里崖線は、
波の侵食を受けてできた侵食崖
その成立は大きく異なる。

P6112033s

湧水が流れる「元町用水」を
追うように歩くと、
ついにここに到達する。

野川との合流点。

P6112037s

ちなみに、合流点から
野川上流方向を見ると
こんな感じ。

P6112039s


ようやく野川に合流することができた。

P6112042s

ここから先は、できる限り
野川に沿って歩いてゆこう。

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

« 西国分寺 東山道武蔵路 | トップページ | 野川に沿って深大寺まで »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西国分寺 東山道武蔵路 | トップページ | 野川に沿って深大寺まで »

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ