« 「四十にして惑わず」か? (3) | トップページ | 雑誌『Interface』512号 (2) »

2020年2月 2日 (日)

雑誌『Interface』512号 (1)

(全体の目次はこちら


雑誌『Interface』512号 (1)

- 46年続く硬派技術雑誌 -

 

雑誌『Interface』が2019年年末発売の
2020年2月号で通算512号を迎えた。

記念の512号が「熱い」特集記事を
組んでいたので簡単に紹介したい。

いまや最新刊ではないが
今日(2020年2月2日)時点では
下記でもまだ購入可能だ。

(以下水色部は本からの引用)

雑誌『Interface』(CQ出版)は
「コンピューター・サイエンス&
 テクノロジ専門誌」として
46年前の1974年に創刊された。

メーカのエンジニアとして
長く仕事をしてきた私は
ほんとうにお世話になった雑誌のひとつで
思い出も多い。

一般書店に並ぶ雑誌のひとつではあるが
硬派の技術雑誌ゆえ、
読者はかなり限られていることだろう。

ただ、多くのコンピュータ関連雑誌が
次々と廃刊となる中、
40年以上もちゃんと生き残って来たのは、
まさにその硬派の部分を
真摯に守ってきたからだと思っている。

十進数では中途半端な512を
記念にしているのは、
512を2進数で表わしたときに
10 0000 0000
( 8進数で1000
 16進数で 200 )
になるからだが、
この雑誌を手に取る人にとっては
反射的に区切りのいい数字なので、
いかにもこの雑誌らしい「記念号」だ。

出版元のCQ出版社は
「Interface 512号記念オフ会」まで
開催するらしい。

「Interface512号記念特設ページ」
も開設している。

特設ページを覗くと
なつかしい表紙が並んでいて壮観だ。

ざっくり表紙のトーンで分けると、

第1世代

Interface512_1gs

 

第2世代

Interface512_2gs

 

第3世代

Interface512_3gs

といった感じだろうか。
第一世代から知っているオジさんとしては
もうこの表紙だけでも
なつかしくて、なつかしくて。

さて、本題に移ろう。

512号の特集は、
組み込みコンピュータ技術512

9章に分けて、512の技術を網羅している。
詰め込んでいるため各項目の紹介は
名称と要点のみの簡単なものに
なってしまっているが、
選択眼と網羅率はさすがだ。

目次を見ているだけでワクワクする。

詳しくはもちろん
雑誌の方を参照してもらいたいが、
目に留まったキーワードの中から
一部を紹介しながら今の技術の世界を
眺めてみたい。

まずは、流行(はやり)のAI技術から。

第1章 これからAI技術42+α
1-1 ディープ・ラーニングの2大フレームワーク
1-2 これまでも使われてきたAIアルゴリズム16
1-3 これから注目の人工知能アルゴリズム4+α
1-4 これまでの/これからの自然言語処理16+α
1-5 AI における法律の勘所4

(CQ出版が公開している
 第1章のページへのリンクはこちら

1-1で紹介されている2大フレームワークとは
(1) Tensor Flow と
(2) PyTorch

(1) Tensor Flow
 * 世界で最もよく利用されているため、
  ネット上の情報、日本語の書籍も多い。
 * 動的にNNモデルを
  生成できるようになったので
  ニューラル・ネットワークの定義が
  書きやすくなった。
 * プロダクション・レベルの実装が
  もっともやりやすい


 * 初心者向けのチュートリアルも充実。
 * デプロイツールが提供されており
  Raspberry Piなどの
  エッジ・コンピュータでも
  アプリケーション開発が容易。
  
(2) PyTorch
 * 特に研究者に好まれ近年急成長中。
 * 研究開発、新しい論文が出ると
  その手法のPyTorch実装が
  すぐに行われる
こともよくある。

といった要領を得た簡潔なコメントが並ぶ。

限られた紙幅の中

 日本は特殊で「Chainer」が
 TensorFlowと良い勝負を
 続けていた時代があったが、
 Chainerの開発が終了したとの
 ニュースもあり、日本も2大勢力に
 巻き込まれていくだろう。

といった内容のコメントまである。

供給元は

 Tensor Flow が Google
 PyTorch が Facebook

この分野もこの2社に
ガッツリ掴まれてしまっている。

 

記念の512号、
他の章ももう少し見ていきたいと思う。

続きは次回に。

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

« 「四十にして惑わず」か? (3) | トップページ | 雑誌『Interface』512号 (2) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「四十にして惑わず」か? (3) | トップページ | 雑誌『Interface』512号 (2) »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ