« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

オーストリア旅行記 (1) ウィーン到着まで

(全体の目次はこちら


オーストリア旅行記 (1) ウィーン到着まで

- ドバイ空港内の祈祷室 -

 

本ブログを始めるきっかけとなった
トルコ旅行から早いものでもう5年。

5年毎に利用できる
「リフレッシュ休暇」なる名前の
会社の特別休暇をフル活用して、
今年2017年は、オーストリアに行ってきた。

 

旅行の予定がはっきりしたころ、
仕事で親しい米国人と
一緒に昼食をとる機会があった。

「今年はリフレッシュ休暇が取れるので、
 ヨーロッパに行くことにしたンだ」

「どこに行くの?」

「ウィーンと・・・」

と言いかけたところで、
相手の顔が一瞬曇った。
アレ? 私の英語、通じてない?

「ウィーンだよ。オーストリアの首都の」

「あぁ、Viennaのことね」

ウィーンって英語では
「ヴィエナ」って言うんだ。

そんなことすら知らない程度なのに
ガイドブックやハプスブルク家関連の本を
駆け足で読みながら、
初めての国への準備だけは
ワクワクしながら進めていた。

 

パックツアーも
念のためチェックしてみたが、
内容的に希望に添うものがなく、
結果的に
トルコの時と同様、
夫婦ふたりでの個人旅行に決めた。

計画時、そこまで行くなら
チェスキークルムロフやプラハもぜひ、と
近隣の街を強く薦めてくれた知人もいたが、
あれもこれもと盛り込むと
すべてが駆け足になってしまうため、
現地7泊という限られた旅行期間を考慮し
泣く泣く3つの街に絞ることにした。

ザルツブルクに2泊、
ハルシュタットに2泊、
ウィーンに3泊。

気ままな旅の様子を、写真を交えながら
少しずつ綴っていきたい。

 

というわけで、
東京・羽田空港からスタートだ。

 

(1) 手荷物
今回は、初めてエミレーツ航空を利用した。
羽田発の深夜便でドバイへ。
ドバイで乗り換えてウィーンへ、の
乗換え一回のルート。

荷物は機動性を優先させて、
機内持ち込みサイズの
スポーツバッグのみ。

夏なので着替えの容量も少ないうえ、
連泊があって洗濯もできるので、
無理をせずともなんとかなる。

荷物を預けないと
空港でのチェックイン後、
「身軽になれない」というつらさはあるが、
(荷物が同じ便で着かない場合がある)
ロストバゲッジのリスクもなくなるし、
なにより、到着後ターンテーブルの前で
出て来る荷物を延々と待たずにすむので、
すぐに空港から動けることが嬉しい。

特に今回は、ウィーンの空港到着後
ザルツブルクまで
長距離電車に乗る予定なので、
一本でも早い電車に乗れるなら、
そのメリットはかなり大きい。

妻もその意図に合意。
バッグひとつのパッキングに
協力してくれた。

というわけで、
「全てを機内持込み」にするつもりで
羽田空港到着後、
チェックインの手続きに進んだ。

すると、旅立ちのウキウキ感の
まさに出端をくじくように、
いきなりここで引っかかってしまった。

機内に持込める手荷物は
「1個、7kgまで」
と、このルールの適用に妙に厳しい。

貴重品の入った小バッグと
荷物のバッグで2個になるというのだ。

仕事の出張も含めて、
これまで国際線だけでも
100便以上の飛行機に乗ってきたと思うが、
この理由で引っかかったのは初めてだ。

持込みたいのでこのサイズにした、
と説明したため、その意図自体は
最大限尊重する方向で対応してくれたが、
「1個」の部分は
どうしても譲ってくれない。

「大きなバッグの中に、
 小バッグを入れて1個になりませんか?」

結局、この方法で無理やり1個にして
持込みの許可をもらった。
重さのほうは
どう考えても7kg以上はあったが、
その部分は目をつぶってくれたようだ。

やれ、やれ。

「帰りは預けないとダメかもね」
と妻と話しながら出発を待った。

いよいよ搭乗、出発だ。

 

(2) カップフォルダ
利用したクラスはエコノミーだが、
見ると席のテーブルの下には、
カップを水平に保つこんなフォルダが
ついていた。

P7107601s

単純ながらよくできた機構で、
多少の揺れであれば
カップの水平を保ってくれる。

P7107600s

ところが実際にカップを入れてみると、
設置位置が低いため、
常に気をつけていないと
自分の膝がカップに当たってしまう。

当たった際には、逆に簡単に揺れるので
かえってこぼれやすい。
私は、実際、それでこぼしてしまった。

いい機構も
適切な設置場所との組合せで
初めてその威力を
発揮することができる。

これはその組合せに
失敗している例のひとつと
言えるのではないだろうか。

 

(3) ヘッドフォン
機内で楽しめる映画や音楽等、最近の
機内エンタテイメントのコンテンツは、
かなり充実している。

数百のチャンネルから選べるのだから
それはそれで
機上での楽しみのひとつなのだが、
残念ながら飛行機、
特にエコノミークラスの
ヘッドフォンの質は
どの航空会社でもかなり低い。

音そのものももちろんだが、
それ以上に、
耳あてまわりの作りが悪く
長時間当てていると
耳が痛くなってきてしまう。

なので、私は飛行機に乗る際には、
自分のヘッドフォンを持ち込んでいる。
耳栓(カナル)型だと、
荷物にもならないうえ、
ノイズキャンセリング機能がなくても、
かなりエンジン音を遮断できる。

小さなセリフであっても
ボリュームを大きくせずに聞き取れるので、
耳にも優しい。

ただ、ご存知の通り、飛行機では
イヤホンジャックが
二股になっているものが多く、
多くの場合、3.5mmのステレオミニ端子が
そのままでは挿せない。
(以前乗った787で、そのまま挿せる
 ジャックだったことがあるが、
 その機会はまだまだ少ない)

そんなときのために、
こんな便利な変換プラグがある。

私が購入したのは秋葉原で
まだネットがないころの大昔の話だが、
調べてみると、
今でもAmazonなどで簡単に手に入る。

これと、使い慣れている
いつものヘッドフォンさえ持ち込めば
音周りはかなり快適になる。

数百円の投資で済むし、
荷物にもならない。

機内で映画や音楽を楽しみたいけれど
まだ持っていない、という人には
強くお薦めしたい。

 

(4) お手洗いの表示
エミレーツ航空の機内のお手洗いには
こんな表記があった。

P7107598s

Flushつまり水を流すボタンの上、
英語表記すらないので意味はわからないが、
御丁寧にも6種の文字を使って
記述してある。
いったい何が書いてあるのだろう?

P7107599sas

意味はわからないが、
こんなことにも興味があるため、
まさに生きている(!?)アラビア文字や
ペルシャ文字が見られるだけでもうれしい。

 

(5) 砂の街
ドバイ国際空港が近くなり、
高度が下がってきた。

P7107602s

初めてみるアラブ首長国連邦の景色。

P7107605s

まさに黄色い砂に覆われている。

P7107606s

 

(6) ドバイ国際空港(DXB)
広い、広いとは聞いていたが、
この空港、こんなに広かったとは。
乗換えのためにゲートを探していると
こんな案内が出ていた。
ターミナル間の移動時間の目安。

P7107608s

我々は
ターミナルBからCへの移動だったので、
幸いなことに「歩いて20分」(?!)
ですんだが
ターミナルBからFへの移動なら
「バスで40-60分」!!
ほんと?

 

(7) 空港内の祈祷室
ドバイの空港内には、こんな部屋があった。

P7107611s

男女別の祈祷室。

P7107610s

さすがイスラムの国だ。

 

(8) ドバイ版ウォシュレット
空港の男性手洗いの個室。

P7107612s

これはかなりストレート。
手元でON/OFFできるスイッチのついた
ふつうの大きさのシャワーヘッドが
そのまま便器の横についている。
もちろんきれいにはなるだろうが、
周りを濡らさずに使えるものなのだろうか?

 

(9) 総2階建てのA380
ドバイからウィーンの路線には、
エアバスのA380が使われていた。
総2階建ての大型機だ。

P7107614ss

席はエコノミーなので下の階だったが、
特に天井が低かった等の印象は全くない。

なお、ブルジュ・ハリファ等
ドバイの超高層ビル群が
ターミナルから見えないものかと
キョロキョロしたが、
遠い視界は黄色い砂埃に霞んでいる。

P7107614s

 

(10) 欧州上空
黒海を越えたあたりから、
同じような方向に飛ぶ別な飛行機を
窓から見かけることが多くなってきた。

P7107615s

写真が撮れるレベルでも
この程度。

P7107617s

やはり、欧州上空は混んでいる、
ということなのだろうか。

 

(11) オーストリア上空
いよいよウィーンが近くなり、
高度がずいぶん下がってきた。
畑の区割りがおもしろい、 と同時に美しい。

P7107618s

ウィーンのリングの真上。
まだ一度も行ったことがないのに、
何度もガイドブックを見ていたせいか、
アレが見える、コレが見える、と
妙に興奮してしまった。

P7107626s

予定通り無事、
ウィーン国際空港(VIE)に到着。

さぁ、夫婦ともに初めてのオーストリアだ。

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

2017年8月20日 (日)

「数学する言葉」

(全体の目次はこちら


「数学する言葉」

- かむかう -

 

雑誌「新潮」の2017年2月号に、
独立研究者の森田真生さんが
寄せている
「数学する言葉」という
16ページほどの文章を読みながら、
「数学」と「言葉」について、
ちょっと考えてみたい。
(以下水色部
 「数学する言葉」からの引用)

 

・・・
紙の上に書かれた「3」は、
三そのものではない。

紙に書かれた「リンゴ」の文字が、
それ自体リンゴではないのと同じことだ。
紙に書かれた「リンゴ」を、
まさか食べようとする人はいまい。

本当のリンゴは、どこか別の所にある。
そんなことは百も承知で、
人は文字を読む。

 区別をはっきりさせるために、
記号としての「3」や「三」のことを
「数字」と呼び、
数字が指し示している対象の方を
「数」と呼ぶことにする。

「3」という数字に対応する数については、
<三>と書くことにしよう。

 このとき<三>が、食べたり、掴んだり、
香りを嗅いだりできるような、
知覚の対象でないことは明らかである。

<三>には、大きさもなければ色もなく、
形もなければ味わいもない。
数について、
人はただ純粋に考えることができるのみだ。

「図形」もそうである。

(中略)

数学とは徹頭徹尾このように、
考えることしかできない事物についての
探究
なのだ。

五感で感じられないものを
言葉で考えるのは
数学に限ったことではないでしょ、
そう思った方、
ハイ、まさにその通り。

その通りではあるが、
実は数学を支える言葉には、
ほかにはない大きな特徴がある。

もちろん、
その場にない物事について考えるのは、
数学者だけではない。

言葉を知る者ならば、
誰でも過去について、
可能性について、
死者や地球の裏側について、
考えることができる。

現にそこにあるわけではないものを、
その場に立ち上げてしまうのが
言葉の魔力である


知覚できない数や
図形を現出させる数字や図もまた、
この魔力を継承する「言葉」なのだ。

 だが、数字や図、数式など、
数学を支える言葉には、
自然言語にはない機能
もある。

両者の間には、
無視することのできない差異がある。

いったい、どんな差異があるのだろう?

<五十七>を意味するために「57」と書く。
このとき、
記号に過ぎないはずの「57」を、
人はじかに割ったり掛けたりできる

このあと詳しく見ていくが、
これは自然言語ではできないことである。

「リンゴ」という言葉で
リンゴの存在を喚起し、
「六本足の馬」という言葉で、
不可能な馬の存在を
立ち上げることはできても、
「リンゴ」という言葉を齧ったり、
「六本足の馬」という言葉の上に
跨ったりすることはできない。

そう考えると、
「57」という言葉の上で、
掛けたり割ったり、数学的に可能な
あらゆる行為を実行できることが、
あらためて不思議に
思えてきはしないだろうか。

数学の言葉は、
数や図形の存在を呼び起こすだけでなく、
そうして存在を喚起された
数や図形について、
言葉の上でじかに計算したり、
推論したりすることを可能にする
のだ。

数学の言葉は数学者にとって
「行為(=計算、推論)の足場」
として機能する
のである。

 自然言語もまた
推論の足場ではないか、と
反論する人がいるかもしれない。

確かに人は、自然言語の力を借りて、
様々な推論をする。
しかし、
ある言葉を用いて推論することは、
ある言葉において推論することと
同じではない。

このあと、本文では
アメリカの哲学者ダニエル・マクベスの
「数字を用いて(on numbers)」
計算するのではなく
「数字において(in numbers)」
計算できるようになった、という

インド・アラビア式の
「算用数字」の登場についての
言葉を紹介しながら、
「数字において」
計算できるようになったことの意味を
詳しく説明していくが、

今日は、この
言葉のうえでじかに計算できる
という指摘の紹介に留めておきたい。

我々は小さなころから
あまりにも現在の算用数字に
慣れ親しんでしまっているために、
どんなに大きな数でも
「0」から「9」の組み合わせだけで
書けてしまうことに、
その革新性を感じることは難しい。

本文では算用数字が登場するよりも
前の時代の例を挙げながら、
対比によって今の算用数字の
すばらしさを説いているが、
ポイントは、もちろん単に表記できる、
という点だけではない。

どんなに大きな数も、
算用数字で書いてしまえば、
それを割ったり掛けたりできる。

そうして、
巨大な数に「触れる」ことができる。
たとえば、その数が23で割り切れること、
あるいは約数を複数持つことなどを
「体感」することができる

こうして、
割ったり掛けたりする行為を通じて、
数字に固有の「意味」が
浮かび上がってくるのだ。

 このとき、数字の意味する内容は、
もはや外部の世界を
参照することによってではなく、
数字とのダイレタトな接触によって、
数字の世界において作り出される

「図」も数学の言葉だ。

ユークリッドの『原論』
(紀元前300年頃)
を例に、
古代ギリシアの幾何学者たちが、
必ず図を描きながら推論した事実を示し、
数学者たちの言葉が、
作図行為とともに
発せられた
ことを説明している。

・・・・・
かくして直線AB上に
正三角形が作図できることの証明は、
図において遂行される。

図を描いていくうちに、
そこに正三角形が生じるのであって、
幾何学者が
「頭の中」で見出した正三角形を、
記述したり
描写したりしているのではない。

 本居宣長の説によれば、
「かんがふ」という言葉は
「かむかふ」の音便で、
もともと、
むかえるという意味の言葉だそうだ。

小林秀雄は、
この「むかふ」を
「身交(むか)う」と読んで、
考えるとは、
 物と親身に交わる事だ
」と
エッセイ「考えるという事」の中に
記している。

古代ギリシア人にとって、
図形について「考える」とは、
まさしく
図と親しく交わることであった。

図は、
脳内で思考したことの表現ではなく、
図を描く行為が即ち
「かむかふ」ことだったのである。

「行為(=計算、推論)の足場」
として機能する数学の言葉。

先人は、数や図形と「かむか」って、
様々な意味を見出して来たが、
世界はいまなお至るところで、
考えることをやめていない。

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

2017年8月13日 (日)

鏡の中の不思議な立体

(全体の目次はこちら


鏡の中の不思議な立体

- 円が四角に -

 

ベーグルによるメビウスの輪でも書いた通り、
錯視・錯覚ネタは大好きだ。

錯覚を利用した世界大会
Best Illusion of the Year Contestで
2010年、世界第一位に輝いた
杉原厚吉さんのこの作品。

この作品をはじめとして、
杉原さんは実に様々な
錯覚作品の新作を発表している。

昨年(2016年)9月に
横浜で開催されていた
「エッシャー展」。

Pa105800s

その最後のコーナに展示されていた
杉原さんの作品も
新しい視点の驚くべきものだった。

そのコーナだけ
写真撮影可だったので、
その時の写真を2枚添えたい。

Pa105808s

静物を鏡で映しているだけ。

Pa105813s

でもご覧の通り、そこには
にわかには信じられないものが
映っている。

 

これらの立体オブジェを含む本(!?)が
この夏出版された。

鏡で変身!?
ふしぎ立体セット
驚きの錯覚 不可能立体の世界

監修 杉原厚吉
東京書籍

思わず購入してしまったので、
ちょっと中身をご紹介。

まずは箱の表紙にもなっている
この作品から。

Mirror1

エッシャー展では、
(壊れないように、というよりも)
展示物の位置や角度がずれないよう
ケースに入っての展示だったため、
手に取ることはできなかったが、
もちろん、今回は手に取って
いろいろな角度から
その変化を楽しむことができる。

Mirror2

鏡の前の物体は、左から
四角形、五角形、六角形なのに、
映ったもの(写真上部)はすべて円!

小さい作品だが、
これもインパクトが大きい。

Mirror3_2

矢印の向きが逆転。
しかも鋭角の矢印の先が、
鏡の中では丸いきれいな弧を描いている。

 

簡単なペーパクラフト作品も
入っている。

これは、鏡に映すと
「屋根」も「屋根のニワトリ」も
消えてしまうというもの。

Mirror4

これくらいになると、
もう写真ではとても伝えられない。

手に取って、オブジェを
違う角度から眺めてみて、
その発想に驚いてみてほしい。

仕組みを知って見ても、
何度でも楽しめる。

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

2017年8月 6日 (日)

独自言語で会話を始めた人工知能

(全体の目次はこちら


独自言語で会話を始めた人工知能

- 今、必要なものは? -

 

最初に知ったのは
通勤途中のラジオだったのだが、
先週、衝撃的なニュースがあった。

帰って来て調べてみると、
関連記事がネットにある。
ただ、現在公開されている記事が
いつまで読めるのかわからないので、
個人的な記録のために
その一部をここで取り上げておきたい。

代表で選んだ元の記事は
2017年8月2日付のこちら
人工知能(AI)についてのニュースだ。
記事のタイトルは、
「終わりの始まり…?
 独自言語で話しはじめた人工知能、
 Facebookが強制終了させる」

(以下水色部は記事からの引用)

Facebook(フェイスブック)が行なう
人工知能の研究開発において、
近未来SF映画のような
事態が起きていました。

会話をさせていた
2つの人工知能ボブとアリスが、
独自の言語を生み出し、
話し始めたのです。

人間には理解しがたい言葉を話す
2体のAI。

Facebookの開発チームは、
これを受けて人工知能の
マシンラーニングプログラムを
強制終了させました。

人工知能(AI)が人間の能力を超える
技術的特異点、
シンギュラリティ(Singularity)なる言葉を
耳にすることも多くなっているが、
それにしてもこの記事の恐ろしさは、
表現のしようがない。

人間には理解できない独自の言語で
AI同士が会話を開始した、というのだ。
ついに、ここまで来てしまったのか。

 

私自身は、門外漢の素人ながら
一エンジニアとして
AIの進歩を楽観的かつ好意的に
見つめている。
どんどん進歩すればおもしろい、
と思っている。

それなのに、このニュースには
どこか別な部分が反応してしまった。
それはいったどこなのだろう?

個人的には、身体を持たない
知能だけのシンギュラリティの議論は
ナンセンスだと思っているので、
単純な
「もしそうなったら人類の終焉だ」
「終わりの始まりだ」
みたいな極論には全く与(くみ)しないが、
次々と新しいネタが飛び出してくる
AI関連のニュースからは目が離せない。

 

松尾 豊 (著)
人工知能は人間を超えるか
ディープラーニングの先にあるもの

(角川EPUB選書)
(以下緑色部は本からの引用)

にこんな記述がある。

言語の果たす役割とも関係があるが、
社会が概念獲得の「頑健性」を
担保している可能性がある。

複数の人間に共通して現れる概念は、
本質をとらえている可能性が高い。

つまり「ノイズを加えても」
出てくる概念と同じで、
「生きている場所や環境が
 異なるのに共通に出てくる概念」は
何らかの普遍性を持っている
可能性が高いのだ。

言語は、こうした頑健性を
高めることに
役立っているのかもしれない。

人間の社会がやっていることは、
現実世界のものごとの特徴量や
概念をとらえる作業を、
社会の中で生きる人たち全員が、
お互いにコミュニケーションを
とることによって、
共同して行っている

考えることもできる。

身体だけでなく、
社会やコミュニケーションが
裏にあってこその概念獲得。

ロジックやデータだけに基づく進化に
直感的な危うさ、怖さを感じるのは、
そういった裏の支えがないことが
原因なのかもしれない。


著者の松尾さんはこうも書いている。

いずれにしても、
まず議論すべきは、
「人工知能が将来持つべき倫理」
ではなく、
「人工知能を使う人間の倫理」や
「人工知能を
 つくる人に対する倫理」である。

最初の記事に戻ると、実際、
AI同士が意味のわからない言葉で
会話を続けることに直面したエンジニアも

米メディアの多くが
この件を報じており、
パニックでプラグを引っこ抜いたとか、
システムをシャットダウンした
などと言われています。

なる行動をとってしまったようだ。

エンジニアとしては乱暴なその行為を
反射的にとってしまった
今のFacebookのエンジニアには、
ちょっとホッとするところがある。

今、「作る人」に必要なものは
ナンなのだろう。

恐ろしくなって、
「プラグを引っこ抜いたり」、
「シャットダウンしてしまったり」、
そういう『恐ろしさ』を感じる気持ちは
持っていてもらいたいと思う。
それが倫理や論理に
基づくものかどうかはともかく。

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ