« 短調は暗いのか? | トップページ | 箱根関所 »

2016年8月28日 (日)

日本の調子

(全体の目次はこちら


日本の調子

- 音と季節と方角と -

 

長い間抱いていた
「短調は暗い」
と表現されることの違和感を
高校野球の応援曲を例に、
前回、ここに書いた。

その際、
調性について少し詳しく知りたいと
思って読んだ本がコレ。

吉松隆著
「吉松隆の調性で読み解くクラシック」
ヤマハミュージックメディア

 

この本の中に、
西洋音楽の調についてではなく、
日本の音楽の調について、
たいへん興味深い話があったので、
今日はその部分を紹介したい。
(以下、水色部は本からの引用)

 まずは、
日本における「ドレミファ」。

これは5世紀頃に大陸から
伝承された音楽を基礎として、
日本古来の音楽すなわち
雅楽」の世界において体系化されている。

  壱越(いちこつ  :レ)
  平調(ひょうじょう:ミ)
  双調(そうじょう :ソ)
  黄鐘(おうしき  :ラ)
  盤渉(ばんしき  :シ)
  神仙(しんせん  :ド)

そこから生まれる調は、
それぞれの音を基音として

 「壱越調=クラシック音楽で言うと二調」、
 「平調 =同じくホ調」、
 「盤渉調=同じく口調」

などという具合になる。

基音の違いによって
いくつかの調がある。

これはごく自然なことと言えるだろう。

おもしろいのは、
これが明暗といった「気分」ではなく、
あることと深く結びついている点。

そのあることとは?

それぞれの調は「季節」と密接に結びつき、
四季それぞれに奏されるべき調子が
決められていたという


例えば、
 春なら「双調」 、
 夏は 「黄鐘調」、
 秋は 「平調 」、
 冬は 「盤渉調」。

 実際、平安時代には、
十月になったのだから
筝を
 「平調(秋のキイ)」から
 「盤渉調(冬のキイ)」に変えましょう…
というような会話があったという。

現代に当てはめれば、
秋まではEmで歌っていた歌だけれど、
冬になったからBmで歌いましょう、
というようなものか。

季節によって、調を変える、キーを変えるとは、
なんと風流なことだろう。

しかも、それは「方角」にも結びつく。

 これは、単なる「感じ方」ではなく、
古代中国の陰陽五行説の思想から来るもので、

 木・ 火・ 土・ 金・ 水 が、
双調・黄鐘・壱越・平調・盤渉 の

五つの音に当たり、
方位ではそれぞれ、

 東・ 南・中央・ 西・ 北

にあたる。

 双調(ソ) の音は「春」と「東」
 黄鐘(ラ) の音は「夏」と「南」
 平調(ミ) の音は「秋」と「西」
 盤渉(シ) の音は「冬」と「北」

を表わすわけである。
ということは、
 ミ(平調)の音は西、
 ラ(黄鐘)の音は南から聞こえてこそ、
正しい音のあり方ということになる。

それゆえ平安京では、
御所を中心にして寺院の鐘の音は
それぞれこの方位に基づいて
チューニングされていた
、という説さえある。

「説」かもしれないが、初めて知った。
鐘の音程が、御所からの方角によって
違っていたかもしれないなんて。

 さらに、この五行説に寄って
季節の音楽を(無理やり)クラシック音楽に
あてはめると、

  「春」の音楽は「卜長調」
  「夏」の音楽は「イ長調」
  「秋」の音楽は「ホ短調」
  「冬」の音楽は「口短調」

 ということになる。

 

ここから、クラシックの名曲が
例としていくつか出てくるので、
YouTubeからのサンプルを割込ませて貼って、
その雰囲気を確認してみたい。

まずは、春。

 なるほど、そういえば

モーツァルトのセレナーデ第13番
(アイネ・クライネ・ナハ卜・ムジーク)



弦楽四重奏曲第14番〈春〉

は、
そのまま「卜長調」で「」。

 

続いて夏。

ベー卜ーヴェンの交響曲第7番

などは
「イ長調」だから「」。

(ダメだ、
 「のだめカンタービレ」の印象が強すぎて、
 冷静に季節を感じられない。私的感想。失礼)

 

さて、秋は・・・

対して、
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲


ドヴォルザークの交響曲第9番〈新世界より〉


「ホ短調」で「」。

 

冬は・・・

そして、
シューベルトの交響曲第7(8)番〈未完成〉


チャイコフスキーの交響曲第6番(悲愴)

などは
「口短調」で「」ということになる。


 なんとなくぴったりな雰囲気ではないか。

吉松さん自身も最初に言っている通り、
日本の季節の調を
クラシック音楽にあてはめて
聞いてみよう、という
ちょっと無理やりな試みだが
こうして並べて聞いてみるとおもしろい。

最後に、日本の長調と短調について
触れておこう。

5世紀から7世紀頃(仏教が伝来した頃)に
大陸から渡来した基本の旋法は、

 呂(ろ) 旋法 : 壱越調 双調 
          太食調(たいしきちょう)
 律(りつ)旋法 : 平調 黄鐘調 盤渉調

の6つ(六調子 りくちょうし)。
大まかにいうと、
 呂は長調にあたる音階 で、
 律は短調に当たる音階

この「呂」と「律」が
しっかり吹き分けられない楽師は
「呂律(ろれつ)がまわらない」
笑われたそうで
これが雅楽の時代の音階の基本。

「呂律(ろれつ)がまわらない」とは
元は、しゃべり方ではなく
演奏のほう指す言葉だったようだ。

ブラバン部員だった私としては、
呂律(ろれつ)がまわっていない練習風景は、
むしろ懐かしかったりするのだが・・・

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

« 短調は暗いのか? | トップページ | 箱根関所 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日は。いつも“新鮮で意外”な話題には驚かされます。
今回のお話の延長線上の話となるかどうか分かりませんが、先般のリオ・オリンピックでも何度も耳にした、金メダル授与式での各国の国歌を聞いて、私が前から思っていたことがあります。
それは、先進国、新興国を問わず、テンポの速い、勇猛で威勢の良い調子の国歌が多い中で、わが「君が代」は突出して(!)のどかな(その意味で平和な)ゆっくりとした調べのよう感じるのですが、これは今回のお説と平仄が合う話なんでしょうか?(今までにそんな話題を聞いたことありませんが、私は個人的には「君が代」の美点だと思うのですが‥‥)

平戸皆空さん、
コメントをありがとうございます。

なるほど、国歌については
これまでほとんど意識したことがありませんでした。
聞き比べるとなると、
オリンピックはまさにいい機会でしたね。

紛争の結果としての「建国」を
歴史として抱えている国は多いので、
それを思って歌を作ると
>勇猛で威勢の良い調子
になってしまうのかもしれません。

フランス国歌のように、日本人的感覚からすると
とても国歌とは思えないような
激しい内容の「歌詞」のものもあるようですし。

それらに比較すると、確かに「君が代」は
>突出して(!)のどかな(その意味で平和な)
>ゆっくりとした調べ
に聞こえますね。

私は、いつ聞いても
「おごそか」という言葉が浮かぶ
数少ない曲のひとつだと思っています。

ちなみに、
「君が代」の調は、本文で書いたまさに
「壱越調律旋」で、
日本の、と言うか、雅楽の調になるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1756499/67223239

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の調子:

« 短調は暗いのか? | トップページ | 箱根関所 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ