« 山中湖周辺 春の植物アルバム (2) | トップページ | かつてのアフリカの王国 »

2016年5月15日 (日)

山中湖周辺 春の植物アルバム (3)

(全体の目次はこちら


山中湖周辺 春の植物アルバム (3)

- リスの海老フライ -

 

2016年4月23日、
山梨県山中湖周辺の林に、
春の植物を見に行って来た、
の3回目。

1回目はこちら
2回目はこちら

P4234513s

 

きょうは、この植物からスタートしたい。

【ツタウルシ】

P4234504s

名前の通り、
ツタになって他の樹木に絡みついている。

近づくだけでもかぶれることがある、
と言われるほど、かぶれやすさでは
強烈な部類とか。要注意だ。

この時期、葉が紅いので目立つが、
特徴である3出葉という葉の付き方は
若くてまだわかりにくい。

P4234500s

 

「樹木に絡みつく」仲間としてはこちらも。

【ツルアジサイ】

P4234548s

大きな木に絡みつきながら、
どんどん上に登っていく。
10m以上にもなることもあるという。

P4234549s

こちらのほうは、
「かぶれ」も「毒」も気にせず
安心してそばに寄れる。

 

そうそう、「毒」と言えばこれ!

【トリカブト】

P4234556s

日本三大有毒植物のひとつ。
まさに死が絡む猛毒。

この時期は、葉だけで、
あの特徴あるトリカブトの形をした花は
まだ影も形もないので目立たない。

目立たないが、恐ろしさではピカ一。

特に葉だけを見ると、
食用にもするニリンソウやヨモギにも
よく似ているため「超」要注意だ。

 

【フデリンドウ】

P4234562s

花の咲いた状態が「リンドウ」に似ていて、
閉じた状態が「筆(ふで)」に似ているから
「フデリンドウ」とか。

紫色の美しさはまさにリンドウを思わせるが、
とにかくサイズが小さい。
這うようにして写真を撮った。

P4234564s

ちなみに、リンドウは竜胆(りゅうたん)と書く。

その根は、
苦味(がみ)が強いことでよく知られている
「熊の胆(い:胆嚢)」よりも苦いらしく、よって、
「熊」より強い「竜」が選ばれたのだとか。
「熊胆」より苦い「竜胆」。

実際に、リンドウの根には薬効がある。

 

【リスの海老フライ】

P4234654s

林を歩くと、
リスが食べたあとの松ぼっくりをよく見かける。

松の実の部分を食べるために、
まわりを囓ってしまったあとの松ぼっくりは、
「海老フライ」そっくり。
まさに笑ってしまうくらいよく似ている。

リスの痕跡、という意味では、
このクルミもそう。

P4234573s

どうやって割るのか、
あの硬い硬いオニグルミが
きれいにまっ二つに。

リスはもちろん中身しか食べないので、
いくつ割れたクルミが散らばっていようとも、
相棒は多くの場合そばにある。

なので、「貝合わせ」ならぬ「クルミ合わせ」を
大自然の中でゲームとして楽しむこともできる。

片割れとなる相棒が見つかると、
ふたつのクルミ片は、ぴったりくっつく。

 

【タラノキ】

P4234622s

ちょうど、新芽(タラの芽)の季節。
驚くべきことに、人の手が届く範囲、
ほとんどすべての新芽が
刈り取られていた。

春の山菜の王者。
天ぷらや白和えなどで食べると美味しいが、
ここまでみごとに狙われているとは。

簡単には手が届かない、
高い高い部分の芽だけが残っている。

P4234626s

 

【クマシデ/イヌシデ】

P4234641s

おそらく
上が「クマシデ」で、下が「イヌシデ」

P4234644s

果穂が、玉串やしめ縄につけられる
白い紙を折った「四手(しで)」に似ていることから
「シデ」と呼ばれる。

今は花の季節なので、果穂の様子も、また
「クマ」と「イヌ」とを区別する
葉脈の様子もまだよくわからない。

 

と、3回に渡って、山中湖畔で実際に見かけた
春の植物たちを並べてみた。

林の中を歩いた後は、
自転車を借りて湖畔を半周り。

途中、お茶に寄ったお店がほんとうに素敵だったので、
最後に軽く添えておきたい。

店内は美しいドライフラワーで溢れていた。

P4234692ss

P4234696s

リースだけではない。
どの花も色が美しい。

P4234667s

P4234673s

お店の名前は「Paper moon」

P4234684ss

ケーキも紅茶も、
「ぜひもう一度行きたい」と
思わせる味。

喫茶エリアの横には、大きくはないが
洒落たセレクションの雑貨コーナもあり、
ドライフラワー以外を買うこともできる。

そこで見つけた
猫をモチーフとした針金細工。

P4234695s

すっかり気に入ってしまい、
思わず購入してしまった。

植物だけでなく、
旅先での予期せぬお店との出逢いは、
ほんとうに楽しい。

以上、2016年春の小旅行の記録でした。

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

« 山中湖周辺 春の植物アルバム (2) | トップページ | かつてのアフリカの王国 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1756499/65243640

この記事へのトラックバック一覧です: 山中湖周辺 春の植物アルバム (3):

« 山中湖周辺 春の植物アルバム (2) | トップページ | かつてのアフリカの王国 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ