« フィドラー アイリーン・アイヴァース(Eileen Ivers) | トップページ | 知っているものしか見えない、の一方で »

2015年5月 2日 (土)

ストランドビースト(砂浜の生物)

(全体の目次はこちら


ストランドビースト(砂浜の生物)

- 生きているような足の動き -

 

オランダの彫刻家・物理学者テオ・ヤンセン氏が生み出した、
風を食べ、砂浜を歩く巨大アート
ストランドビーストが、
東京都世田谷区の二子玉川ライズショッピングセンタに
約10体もやって来ている。

 

P4251225s


ストランドビーストとは、
オランダ語で、
砂浜を意味する"Strand"と
生命体を意味する"Beest"の2語を繋げた
テオ・ヤンセン自身による造語。


P4251169s

P4251162s


特に今回は大型作品3体の
デモンストレーションもあるというので
早速観に行ってきた。

テオ氏自身も来日中だったため、
ご本人への簡単なインタビュー付き。


P4251224s


巨大なうちわで風を起こして、は
単なる演出だが、
歩く様子はほんとうに面白い。

P4251168s

どんなふうに歩くのか?
人混みで動画のほうはうまく撮れなかったので、
YouTubeから紹介したい。

どの作品も基本的には、
風や空気圧のみを動力としており、
モータやエンジンは一切使っていない。

動きをよく知っていても、
やはり「大きなものが動く」というのは
それだけで魅力がある。

P4251185s

 

今は動かないものの、
これまでの開発の歴史や、
短命に終わった生命(?)の展示も含まれており、
10体それぞれにゆっくり歩きながら眺められる。

P4251198s

P4251211s

 

そもそも私がテオ・ヤンセンの作品の
実物を見たい、と思ったのは、
「大人の科学」の「ミニ・リノセロス」を作ってから。

 

この模型、リノセロスは
ほんとうによく出来ていた。

P4301248s

P4301251s

P4301252s

P4301265s


こんな感じで、
どちらから風が吹いても、
同じ方向にゆっくり歩き続ける。

 

テオ氏の作品の魅力は
やはりあの生きているような足の動きだ。

サイラボ(Scilab)という数値計算ブログラムを使い、
足の動きをわかりやすくシミュレーションしてくれている
動画があったので
足先の動きに注目して見てみたい。

まずは一本足と二本足。
元の部分は単純な円運動しかしていないのに、
足先が複雑な軌道を描くようすがよくわかる。


二本足の組を位相を120度ずつずらして3組(青・赤・黒)配置。
これがテオ氏のビーストの基本形となっている。

6本の足先はまさに生きているように動いているが、
センタはあくまでも単純な円運動。美しい!

 

コンピュータシミュレーションでは、
様々な組合せ、応用が可能で、
こんなに面白いアイデアもあった。

前半は上記と同じ基本動作の説明だが、
後半のアイデアがすばらしい!
思わず「作ってみるか!」という気にさせられる。

 

二子玉川での展示は、2015年5月6日まで。

どうやって運んだのだろう、と
思わずにはいられない大きな作品は、
コンピュータシミュレーションのように
滑らかに動く、というわけにはいかないけれど、
ミシミシ音を立てながら動く、あの大きさの迫力は
実物以外では味わえないので
ご興味のある方はぜひ。

 

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

« フィドラー アイリーン・アイヴァース(Eileen Ivers) | トップページ | 知っているものしか見えない、の一方で »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1756499/59825034

この記事へのトラックバック一覧です: ストランドビースト(砂浜の生物):

« フィドラー アイリーン・アイヴァース(Eileen Ivers) | トップページ | 知っているものしか見えない、の一方で »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ