« 金融の世界から人間が消えた。 | トップページ | スリムな体型は脂肪のおかげ »

2015年3月29日 (日)

神様はいつも助けようとしてくれている

(全体の目次はこちら


神様はいつも助けようとしてくれている

- 「わかる」ではなく「感じる」アンテナを -

 

ロシア語の通訳やエッセイストとして活躍した
米原万里さんのエッセイに、
「安全神話」という作品がある。
きょうはそれを紹介したい。

(以下水色部、
 米原万里著「真夜中の太陽」中公文庫から引用)

 

安全神話

 むかしむかし、大きな河の畔(ほとり)の村に、
ひどく信心深い男が暮らしていた。

 その年の冬は積雪も多く、
河面は何十年に一度という分厚い氷に覆われた。
だから、村人たちは、
少し暖かくなってくると、口々に心配した。

「そのうち河が氾濫するに違いない」

 村の古老も、警告を発し続けた
「ああ、三十年前の大洪水の時と、
 ソックリだ。村は水浸しになっちまう」

 そのおかげもあって、村人たちは着々と荷造りをし、
いざ河の氷が溶け、水のレベルが上昇しはじめたら、
いつでも一斉に村で用意した五台のトラックに分乗して
避難できるよう準備を怠らなかった。

 ところが、くだんの信心深い男は、
何の手も打たずに、そのくせ安心しきった顔をしている。

心配してくれる隣人たちに向かって、男は豪語した。

「なーに、これだけ神様を熱心に信仰するオレのことだ、
 いざとなったら必ず神様が助けてくださるに違いない

河の氾濫について、村の古老の警告を無視する男。

 

 そうこうするうちに、いよいよ河の水かさが増してきて、
ついに溢れ出した。

村人たちは、次々に用意した荷物もろとも
トラックの荷台に飛び乗っていく。

住民全員がいざ村を脱出というところで、
念のため確認すると、案の定、
あの信心深い男が乗っていない。

仕方ないので、一台のトラックだけ、
男の家に立ち寄ることになった。

隣人たちは声を嗄(か)らして呼びかける
トラックの荷台から

「早く、お前も乗るんだ。さもないと溺れ死ぬよ」

 ところが、男は相変わらず落ち着き払っている。

「いやあ、ご心配なく、オレのことは、
 神様が助けてくださるから」

 それでも村人たちは、辛抱強く男を説得し続けたのだが、
タイヤの半分まで水のレベルが上がってきたところで、
あきらめてその場を立ち去っていった。

村の隣人たちの声も無視して
神様の助けだけを信じている男。

 

 しばらくすると、男の家の床は水浸しになり、
家具がプカプカ浮いてきた。

 たまたま家の前をボートで避難する人々が通りかかり、
男に気付いてボートの上から声をかける。
「さあ、乗りなさい。遠慮しなくていいから、
 さあ、早く、早く」

 男は馬鹿の一つ覚えのように繰り返すばかりである。
「オレにはかまわんでください。ご心配なく。
 神様が助けてくださいます」

ボートで避難する人々の声も無視してしまう。

 

 そのうち、家は完全に水に浸かり、
男は屋根に登らざるをえなくなった。

上空を通り過ぎる救援隊のヘリコプターが気付いて、
ロープを下ろしてくれる。

「さあ、早くこのロープをつたって昇ってらっしやい」

 それでも男は頑強に拒み続ける。

「大丈夫。神様が助けてくださる」

 結局、男は溺れ死んでしまった。

そして、天国で神様に会ったとき、男は、開口一番、
神様を詰(なじ)ったのだった。

あれほど信じてたのに、
 なんで助けてくださらなかったんですか

救援隊のヘリコプターまでも無視して、
結果、男は、とうとう死んでしまった。

「なぜ助けてくれなかったのか」の質問に
さて、神様はなんと答えたでしょう


ちょっとお考えあれ。

 

こう続いている。

 

 神様は、あからさまに不機嫌な声で反論した。

「ふん、助けなかっただって!?

 古老や村人たちの口を借りて
 何度も警告を発したというのに、
 トラックやボートやヘリコプターまで
 送ってやったというのに、
 君はことごとく拒んだじゃないの!」


エッセイはこのあと
2000年3月の日比谷線脱線事故における
営団地下鉄経営陣の姿勢の話に
繋がっていくのだが、
ここまで紹介した神様の話、
脱線事故に限らず、いろいろな場面を思い起こさせる。

「こんなふうに助けてくれるはず」
「こんなふうにはならないはず」
と自分で勝手に「助け」を想定して、限定して、
神様がいろいろな信号や助けを出してくれているのに、
全くそれに気付かない。

カマキリは雪を予想できるのか?にも書いた通り、
「すでに多くの信号が自然界にはあり、
 植物や動物はそれらをちゃんと受信している」

神様はいつも助けようとしてくれている。
自分勝手な思い込みで信号を無視してはいないだろうか。
「わかる」ではなく「感じる」アンテナを
広げていたい。

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

« 金融の世界から人間が消えた。 | トップページ | スリムな体型は脂肪のおかげ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
父の介護に時間を取られ、自分のブログの更新もままならない有様。でも、ここのところ時々「サボる」ことができるようになりました。
今日も「サボッ」て、いろんな方のブログを見て回っていました。

はまさんの「神様はいつも助けようとしてくれている」という話、痛み入りました。
クリスチャンの方に伺うと「神に祈るのは現世利益のためではないのですよ」とおっしゃいます。亡き遠藤周作氏は、「神とは人々に寄り添ってその人の苦しみを聞いてあげる存在なのだ」というようなことを書かれています。私のような凡人は、お金がなくなってくると「神様の力で宝くじでも当たらないか」などと恨みがましく天を仰ぎます。
しかし、「神様はいつも助けようとしてくれている」と考えると、思い当たることがないではありません。
クリスチャンの方も遠藤氏も、そして、私のような凡人にさえ、神は助けの手をさしのべているのかも知れないですね。

信仰については、私も考えることがありますが(立教大学というキリスト系の大学を出たもので)、はまさんが紹介された御本のエピソードは、「なるほどそういう考え方もあるのか」と私に一条の光を与えてくれるものでした。
ぜひ当該本を手に入れて、暇を見つけて読んでみようと思います。
ありがとうございました。

Ossan-takaさん、

丁寧なコメントをありがとうございます。

実は今回、書きながら
遠藤周作さんの「沈黙」のことを思い出していました。

信仰深いものがこれほどに苦しんでいるのに、
なぜ神は黙っているのか、という
ほんとうにつらい小説で、そのことを思うと
軽々しく
「助けようとしてくれている」なんて
書いていいのか、という思いもあったのですが、
まさに
>「なるほどそういう考え方もあるのか」
をお伝えしたく、
特定の宗教に深く踏み込まずに紹介しました。

どんな状況におかれようとも、
もしかしたら何者かが、困っている自分を
助けようとしてくれているのかもしれない、
そういう気持ちを少しでも持てれば、
それは救いになると同時に、
追い詰められて固まってしまった自分自身の思考を
柔らかくしてくれる作用もあるような気がします。

お父様の介護は、
ほんとうにいろいろたいへんなことでしょう。
でも、ときどきは
>「サボッ」て
の深呼吸と背伸びを忘れずに。
Ossan-takaさんご自身が元気に過ごせていること以上に、
お父様にとって大事なことはないはずですから。

米原さんのエッセイ集は鋭い視点がありながらも、
ユーモアもあり、気軽に楽しめる一冊かと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1756499/59433308

この記事へのトラックバック一覧です: 神様はいつも助けようとしてくれている:

« 金融の世界から人間が消えた。 | トップページ | スリムな体型は脂肪のおかげ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ