« ホテルの条件:高級感や装備では補えないもの | トップページ | 米国出張時に出逢った景色 »

2013年10月 6日 (日)

カーナビの進む道

(全体の目次はこちら


カーナビの進む道

- 日米のカーナビを比べてみて -

米国ノースキャロライナ州と、カリフォルニア州を回る海外出張から無事帰ってきた。
出発は9月23日。半袖で発ったものの、帰ってくるとすっかり秋の空気になっていた。

 

今回の出張では二度、Hertsでレンタカーを借りた。
Hertsの車はNeverLostという名のカーナビを装備している。
(ちなみにカーナビは英語では一般的にGPSと呼ばれている)

二台、それぞれこんな感じだ。どちらもご覧の通り画面が小さい。

Img_6321s Img_6615s

しかも、表示される地図がこれまたpoorだ。
十数年前のゲーム画面のよう。悲しいくらいに単純なものだ。

Img_6616s

 

自家用車を手放して以来、日本でもレンタカーをよく利用している。
なので、レンタカーに装備された最新のカーナビに触れる機会も多いのだが、
日本のカーナビの進歩には毎回、驚かされるばかりだ。

車が一台も走っていなければ、カーナビの画面だけを見ても走れるのではないかと思うくらい、
リアルな表示となっている。
特に交差点まわりの車線情報や3D表示はそこまでやるか、というレベル。

Navi1_2 Navi2_2

最近の機種のカタログにはこんな画面が当然のように載っている。

Navi3

再度、このNeverLostの画面表示と見比べてみてほしい。

Img_6616ss

 

確かに、米国NeverLostの画面は単純なものだ。
しかし、実際に使ってみると、道案内(ナビゲート)という本来の機能において、
特に不足があるわけではない。
ちゃんと目的地に着けるし、名前の通りLost(道に迷う)ということもない。

「カーナビとしてどちらが進んでいるか」と問われれば、間違いなく日本だ。
しかし、
「だから米国のカーナビは、日本のカーナビのようになろうとしている」
と言われると、ちょっと違うような気がする。

エンジニアとして、つい作る側の視点で見てしまうが、
日本のカーナビのあの機能の実装には、
表示技術の点においても、基礎データの取得や更新という点においても、
相当な工数が投入されているはずだ。

そこまでの投資をしてまで、今のNeverLostの機能を強化する必要性を、
米国人が感じているようには思えない。

「カーナビの進む道」は日本と米国、それぞれどこに向かっているのだろう。

 

(全体の目次はこちら

 

 

 

 

« ホテルの条件:高級感や装備では補えないもの | トップページ | 米国出張時に出逢った景色 »

旅行・地域」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1756499/53512011

この記事へのトラックバック一覧です: カーナビの進む道:

« ホテルの条件:高級感や装備では補えないもの | トップページ | 米国出張時に出逢った景色 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ